チラシ印刷を依頼する前に料金やサービス内容を確認することが大切

インク

ポスティング会社の選定法

さいたま市でチラシ配布を頼むときには、リーダーである社員がポスティング作業をしっかりと管理しているかチェックしたいところです。始めに細かい配布法を聞いたり協同組合に加盟しているか確認したりしても良いでしょう。

見積もりで比較

印刷機

単回でも長期契約でも有用

チラシ印刷を行うときの業者選びのポイントとして押さえておきたいのが必ずしも明朗会計ではないということです。どの程度の枚数で用紙や色数としてどれを選び、納期をいつまでにするかということを決めると費用がわかるようにしてある業者が多くなりました。それに従って判断してチラシ印刷にかかる費用を算出して比較すると、必要な品質のチラシ印刷を安く行ってくれる業者を選び出すことができるでしょう。それぞれの印刷業者のホームページに明確に価格設定が記載されているので、それを参考にして計算を行っていけば安い業者を探すことは可能です。しかし、企業がチラシ印刷を依頼するときには業者に直接連絡を取って見積もりを取った方がより安くなる可能性があります。チラシ印刷は一度依頼して満足なサービスを提供してくれた場合には同じ業者に依頼しようと考えることが多いのが特徴です。そのため、何度もチラシを印刷する必要が生じやすい企業が相手の場合には業者側も安くしてみようと考えることがよくあります。顧客獲得は印刷業者にとって切実な課題であり、見積もりを依頼してくれた企業を顧客に入れようと必死になってくれる可能性があるのです。結果として通常の価格設定で計算するよりも安くなったり、次回に割引をしてもらえたりすることがあります。長期契約をしようと考えている場合だけでなく、単回での利用を考えているときでも見積もりを取ってみると他の業者と比較して安い業者を選び出すことが可能です。

広告のために

チラシ

不特定多数の人に知らせるためにチラシは配られます。プリンターを用いれば、自宅でも印刷できますが、大量に印刷する場合、業者に頼んだ方が安いということもあります。印刷機によって発色の質も異なるので、安さだけで選ばないことが大切です。

メリットの多いハガキ

はがき

公的機関は個人情報保護として圧着ハガキを使いますが、民間企業は開封率の高さやコスト削減といったメリットもあり、圧着ハガキが多く利用されるようになってきました。圧着ハガキにはいろいろなタイプがあるので、業者に相談しながら作成してみて、慣れてきたらネットを活用して発注する方法もあります。