チラシ印刷を依頼する前に料金やサービス内容を確認することが大切

インキ

メリットの多いハガキ

はがき

多くの企業で採用

請求書や個人情報の入った通知などで二つ折りまたは三つ折りになったハガキが送られてくることがあります。このハガキを圧着ハガキといいますが、最近では民間企業でも費用対効果の高い広告やダイレクトメールとして利用されることが多くなりました。圧着ハガキを送る時には、自分で専用の用紙や機器を揃えることによって作成することも不可能ではありませんが、品質にばらつきがでてしまったり、機器を揃えるのに高額の費用がかかってしまうため、一般には業者に圧着ハガキの印刷・作成をお願いすることになります。オプション料金を支払うことによって宛名や発送まで一括して依頼することもできます。公的機関が送る圧着ハガキは機密性を高めるために利用していますが、民間企業が圧着ハガキを使う大きなメリットとしては個人情報の保護以外にも様々なメリットがあります。ひとつめとしてははがきの2倍から3倍の情報量をはがきと同額で送ることができるコスト削減効果です。2つめのメリットとして顧客の興味を引きやすく、開封してもらえる確率が高くなることです。圧着ハガキははがさなければ中身を見ることができないため、それだけでも顧客の興味がそそられます。はがきの表面に中身を見ることを誘因する文章を印刷すると更に効果が高まります。圧着ハガキにはフルカラーや折り方の違いなど様々なタイプがあります。最初は印刷業者に相談しながら制作をすすめ、慣れてきたらネットを利用した発注をすればコストを下げることも可能です。